利尻ヘアカラートリートメント使い方

利尻ヘアカラートリートメントで白髪染めしながら健康的な髪の毛に!
尻ヘアカラートリートメントとは、お肌の弱いかた、白髪ケアの負担を少なくするために開発された、無添加、天然利尻昆布エキスをはじめ、28種の植物性由来成分を配合した髪表面に着色する白髪用ヘアマニュキュアです。
一般的なヘアカラーや白髪染めは一度脱色してから色を入れていきますが、利尻ヘアカラートリートメントは、表面に色を着けていくので、髪だけでなく地肌も傷めることもないのです。まずは、天然利尻昆布の粘りには美容成分が凝縮されています。
利尻昆布に含まれているミネラルは、髪を健やかな状態に、またフコイダンやアルギン酸は、髪と頭皮の潤いを守るのです。
天然由来28種の成分が、髪と頭皮に潤いを与え、天然由来の植物色素、クチナシ青、紫根、水溶性アトナーが美しい髪色に仕上げてくれます。
さらに、髪をやさしく補修して、しっかり保護するという働きもあるのです。
白髪染めのカラーは、ライトブラウン、ナチュラルブラウン、ダークブラウン、ブラックの4色から自分の髪の毛に合わせて選ぶことができます。
この利尻昆布ヘアートリートメントは、簡単に自宅で白髪ケアができます。
お部屋でじっくり白髪染めをしたい場合は、ブラッシグで髪のもつれ、汚れ、ホコリを取ります。
そのまま乾いた髪に塗っていきます。白髪が隠れるまでたっぷりの量を塗ったほうがいです。
まんべんなく塗れたかチェックします。カラーがのりにくいのは、生え際、こめかみです。
丁寧に、塗れていないところは、2、3度塗直していきます。
そして、色を定着させるために、ヘアキャップやラップをつけて、30分ほ程度、時間を置きます。
時間をおいて、色が定着してきたら、ぬるま湯でしっかり洗い流した後、シャンプー、コンディショナーしていきます。
色持ちのことを考えると、利尻昆布カラーシャンプーを使用することをお勧めします。
もっと簡単に白髪染めを希望しているのなら、髪をシャンプーで洗ったあと、よく髪全体にたっぷり塗っていきます。

そのまま10分程度待ってから、色水がでなくなるまでぬるま湯ですすぎます。
利尻昆布ヘアカラートリートメントと利尻昆布カラーシャンプーがありますが、カラーシャンプーとはシャンプーで洗うたびに白髪ムラなく染めていくのです。
染まるポイントは、4つのイオンカラーとナノ分子カラー、そして植物由来天然色素、クチナシ、ウコン、紫根、アナトーがきれいに白髪を染めていきます。
違いは、シャンプーは数回洗わないと白髪が染まらないのです。
ただ、毎日使えるものなので、毎日白髪染めができ常にきれいな髪を持続できるかもしれません。
色持ちについてですが、髪の毛の表面に着色をしている、コーティングをしているだけなので、日にちが経つにつれた色は落ちてきます。
まめにヘアカラートリートメントをする、もしくはカラーシャンプーをして維持していくのがいいと思いますが、面倒な場合、美容室でのカラーとの併用も可能です。
ただし、美容室でカラーをしてもらうためには幾つかの条件があるそうです。
美容室でカラーをする前は、白髪染めカラートリートメントの使用を控えてください。
1週間から2週間くらいあけてください。
そして美容師さんに、白髪染めカラートリートメントをしていることを伝えておきます。
髪にコーティングされている成分とカラーの染毛剤が混ざると化学反応で髪の毛に色は、緑や紫になってしまうことがあるのです。
では、どちらかに決めればと思いますが、やはり美容院とかで使うカラーは、髪、頭皮にとても負担がかかります。もし併用するのなら、自宅で利尻昆布ヘアカラートリートメントをして、年に2回ほど美容院でカラーリングする方法が髪にも頭皮にもいいのではと思います。
白髪はずっと付き合っていくものです。
髪にも頭皮にも優しい、そして天然由来の成分で健康な髪の毛を維持しましょう。